2005年06月28日

はじめまして!

はじめまして、Ibu Hinakoです。これからバリでの暮らしを少しづつですが、皆さんにご紹介していきたいと思います。さて、バリで暮らし始めて11年、毎朝私が最初にすることは外を掃くこと。外を掃くのは朝と夕方の2回Sapu Lidi(サプ リディ)と言う椰子の木の葉っぱの真ん中の芯を乾燥させて束ねて作った箒で掃きます。ちなみに1本市場で買って1,000から1,500ルピアぐらい。日本円で言うと今なら15円ぐらいかな?!日本の竹箒の棒の部分がない形のようなものです。ザッザッと小気味良い音を出しながら掃けます。欠点は腰を屈めないといけないので時々腰を伸ばしながらでないと腰痛になりそうなことと、束ねて結わいてあるだけなので掃いているうちに芯が1本2本と落ちてしまうこと、スーパーなどではしっかり固定して束ねているものが売っていますが見た感じ使い勝手が悪そうだし高いしで買ったことがないです。バリの人はたいていの家が朝と夕方外を掃いています。おかあさんだったりおとうさんだったりお手伝い・子供・・・その家の誰かしらが掃いています。庭だけでなく家の外回りを・・・朝と夕方ザッザッというサプ リディの音色があちらこちらで聞こえてきます。
余談ですが、Sapu Lidiを色染めして作ったランプスタンドが観光客向けに売られています。ちょっといい雰囲気出していますよ。